代表の挨拶

はじめまして。株式会社フラッグシップオーケストラの大澤です。
本ページでは私が株式会社フラッグシップオーケストラの企業活動を通じてどんな価値を提供していくつもりかをご説明します。

はじめに

企業は社会に価値を提供する集団です。
と同時に「人が人生という長い航路を通じて向かっていく目的地へ向かう為の船(手段)の一つ」という役割も担っています。

そこで働く人はその航路の中で自分の役割を果たし、価値を提供することで報酬としてお金をもらったりやりがいを得たりスキルを身に着けます。

自分を必要とされる場所で活躍し、結果としてその行いを評価される。これは働くすべての人にとって幸せだしあるべき状態だと思っています。

私はそんな場所や仕組みを作り、提供する企業を持続させることが社会の中で果たすべき自分の役割であり、なによりそれが出来たら喜んでくれる人がいっぱいいるだろうな、と信じています。

ミッションを達成するために必要な仲間

ただし、これは私一人で限界があります。
そのためにも志、目標がある仲間を集めてこれを実現していく所存です。
志が同じ仲間と同じ目線で目標、ミッション達成に向けてがんばるときに発せられるエネルギーには爆発力があり、それが一人でやるときよりも何倍も成功確率を上げるからです。

「この船(会社)の進む航路に乗ってるとより人生ハッピー」とメンバーが感じられることが組織像の究極体で、
会社のためではなく自分の人生のために本気で生きてほしいと考えてます。

事業を通じて提供したいこと

今は動画サービスいう手段を使って価値を提供しておりますが、今後の需要によってはそのどれでもない何かを使って価値を提供しているかもしれません。
ただ、何をしていても当社の存在意義である「非常識を常識に」を実現することは変わりません。

「”コレ”が楽しみが増えたわ」「”コレ”が無い生活が想像出来ない」「もう”コレ”がないと仕事にならないよ」

そんなサービス、事業を一つでも多くよのなかに出して役にたったらこれほど嬉しいことはありません。

当社はまだ会社としては若く、まだまだ航路の目標からみると序盤の序盤ゆえ未熟な面があるかもしれませんが、事業を通して提供できる価値『仕事を暮らしをもっと便利に、もっと楽しく』は年齢関係なくきっと意義のあるものばかりだと信じています。

当たり前のサービスを一つでもこの世の中に生み出していきますので、これからも株式会社フラッグシップオーケストラのことをよろしくお願い致します。