Mission

ミッション

「”非”常識を常識に」
私たちは、「“非”常識を常識に」という企業理念を掲げ、2014年4月にスタートしました。
この理念が、とても重要な基軸となっています。
今、当たり前のように身の回りにあるサービスは、登場した時は当たり前ではない、“非常識”なものだったと思います。
誰かがイノベーションを起こし、それまでなかった画期的なプロダクトやサービスをつくり、新たな“常識”を世の中にもたらしました。
そして、人々がそれ以前より便利な状態を享受できるという価値を提供したわけです。
ヘンリー・フォードの名言に「もし顧客に、彼らの望むものを聞いていたら、
彼らは『もっと速い馬が欲しい』と答えていただろう」というのがあります。
自動車がまだない時代、移動手段といえば馬が常識の顧客には、自動車の存在を想像することなどできないでしょう。
私たちも、ITなどの力を活用して、「“非”常識を常識に」していこうと決意しました。
またそれを実現するためには私たち自信が「常識を疑う」思考が必要です。
“非”常識を常識に捉えるメンバーが、“非”常識を常識にするサービスを作り、“非”常識が常識みたいな会社を創る。
そんな想いが理念に詰まっています。
そんなすごい会社になるべく、これからも邁進して参ります。

Credo

     

5つの信条

  • Challenge
    常識を疑い続ける挑戦
    世の中にある今の常識を疑い挑戦していくのはもちろん、社内・制度に対しても疑い変化を恐れず挑戦していく。会社・サービス・個人・仲間を成長させ続ける。現状維持は衰退。
  • Professional
    プロビジネス選手という自覚を持つ
    ビジネスマンは毎日が試合である。
    妥協は一切せずサービス、応対、コンテンツの質を最大限高め続ける。
  •            
    Growth
    成長
    思考と人間力の追求
  • Speed
    スピード
    サービス展開、社外内へのレスポンスに最大限スピードを出し続ける。
  • Crew
    仲間・協調性
    人は1人では生きていけない。同じ志を持つ仲間を大事にし、それぞれがそれぞれの領域でチームで戦っていることを意識する。

Origin

社名の由来

会社という船の航海先
フラッグシップオーケストラという社名は、“旗艦”“業界の代表製品”という意味の“フラッグシップ”と“目的を共有した仲間”を例えた“オーケストラ”を掛け合わせて考案しました。「目的を共有した仲間と、業界を代表するようなサービスを提供しながら、経営という航海を楽しく行っていく楽団(チーム)」といった意味を込めています。

Member

メンバーに対しての想い

AIやロボティクスが進展し、単純労働はどんどん機械化されていく世の中になっていきます。そうした中で人材に求められていくのは、
“個”の力。当社では、その個人力を、“思考力”と“人間力”の2つであると定義し、メンバーにそれらの向上を求めています。まず、思考力。考え方一つで世の中の見方が変わり、行動が変わり、仕事が変わり、人生が変わります。そして、人間力。気持ちの良いコミュニケーションができて、誰からも好かれるような人間性を身につければ、やはり人生が変わると思います。これら2つの力を身につけるためにも、次の17カ条の想いを掲げております。

Culture

思考力と人間力の追求

  1. 手段は目的ではない。本当の目的は何かに、こだわる
  2. ロジカルに考え情熱を注ぐことに、こだわる
  3. 何よりも人を大事にすることに、こだわる
  4. すべては自己責任であり、他己評価だということに、こだわる
  5. すべての要因は上司にあるということに、こだわる
  6. 自分の人生の目標(信念)に、こだわる
  7. Give and giveに、こだわる
  8. 根本的な解決に、こだわる
  9. 義理堅さに、こだわる
  1. 対面で言えないことは陰でいわないことに、こだわる
  2. 消費ではなく投資に、こだわる
  3. 後悔ではなく反省することに、こだわる
  4. 無意味なネガティブは無くすことに、こだわる
  5. 人への伝え方に、こだわる
  6. 素直であることに、こだわる
  7. 幸せに、こだわる
  8. 周りに感謝することに、こだわる

CONTACT

制作のご依頼や広告出稿、取材についてなど
その他お問い合わせもこちらから
お気軽にお問い合わせください

VIEW MORE